軽自動車の車検の相場はいくらぐらいか解説します

軽自動車で新車登録した後は3年後、それ以降は2年ごとに受けなければならないのが車検です。これは自動車の安全性を確認すると共に、自賠責保険の更新、重量税の支払いも含みます。この検査を受けることは、法律によって義務付けられています。そのためこの検査を受けていない自動車は走行させることができません。また検査を通るためには、定められた基準を満たしている必要があります。ですから検査を受けたとしても、それを通らなかった場合も、やはり安全の確認ができていないと言う理由から、その自動車を走行させることは不可能です。検査に対しては費用がかかります。この費用の内訳は、法定費用と検査費用です。法定費用は、どこで受けていも金額は一律です。対して検査費用は、工場や業者により異なります。それを含め、軽の費用相場を見ていきます。

軽自動車の車検の相場~法定費用を知っておこう

相場を説明する前に、法定費用について知っておくことが求められます。法定費用は、自賠責保険や重量税、書類に貼りつける収入印紙代です。これらは、法律によって価格が決まっているので相場に左右されることはありません。よってもし、この部分の費用が高くなっていたりした場合は、業者側が不当に価格を変更していると言うことなので注意して下さい。軽の場合、現時点で自賠責保険料は24か月で26370円です。そして重量税は、エコカー減税の対象であるかどうかによって異なりますが、基本は8800円で、どれだけ高くても1万円をオーバーすることはありません。印紙代は1400円、または1100円です。ですから印紙代を1400円としてこれらの金額を合算した36570円は、一律の金額であり、絶対に支払わなければならない金額です。

軽自動車の車検の相場~費用の差がある

法定費用を除いた検査費用の相場は、どこで受けるかによって異なってきます。まずガソリンスタンドで受けた場合です。この場合、だいたい2~6万円程度が検査費用の相場となっています。ですから法定費用と合わせる、10万円に届くか否かと言うラインです。カー用品店で受けた場合も、だいたこれくらいの相場だと言われています。専門工場や自動車整備工場などになると、もう少し相場は上がり、だいたい3~8万円程度が多いようです。法定費用と合わせて10万円を超えるとみておいた方が良い相場です。相場の中で最も高い金額が想定されるのは、ディーラーによる検査です。この場合は4~10万円が設定されていることが多いようなので、検査費用だけで10万円を超えることもあると言うわけです。反対に自分で検査を行うユーザー車検の場合は、検査費用は0円ですから、法定費用のみで済む、最もかかる費用が安い検査法です。

交換部品は6ヶ月、1万キロ保証がついています。 東京FM全国ネットでのラジオCMや各地でCM放送中 全国統一サービスでお引越先でもおまかせください。 整備士が消耗品の状態を確認し、適切な整備計画をお客様と一緒に立案します。不要な部品交換はしません。 総合的にサポートしてくれる、お近くの加盟店を探すことができます。 インターネット予約ではいつでもかんたんにご予約ができます。 軽自動車の車検とことんサポートします。