軽自動車の車検で損しないための注意点

自動車を所有していると維持費として、定期的にある程度の費用が発生します。自動車税などは自動車の排気量などによって違うものなので、所有している自動車によって額が変わるので安くすることはできません。しかし、そのほかにも定期的に発生する費用があり、できるだけ安くしたいものでもあります。その一つに車検があり、軽自動車と普通乗用車ではかかる費用が違ってきます。乗用車の新車は初回三年後で、その後二年ごとに受ける必要があります。その際には検査するだけでなく、悪い箇所があれば修理したりしないといけないため、少なくない費用が掛かることがあります。しかし、注意するべきポイントを知っておかないと損をすることもあるので、ある程度の知識は身に付けておきましょう。

固定されている費用があることを知りましょう

車検をするときには多額の費用が掛かりますが、その一部の金額は固定されています。これは金額が変動するものは検査代や代行料などの基本料で、重量税に自賠責保険料や印紙代は固定されているものになります。これを法定費用と言い、どのような業者で受けても法定費用は安くなることはありません。そのため、できるだけ費用を安くするためには、この基本料を抑えることが大切であり、依頼する業者によって費用には大きな差が出てきます。ディーラーに依頼することが一番高くなり、検査場で自分から行うものが一番安くつきます。また、自動車の大きさによっても費用はもちろん違い、重量や排気量が大きくなるほど高くなります。車にこだわりがなければ、軽自動車に乗っている方が費用を安くすることができます。

費用が高いから損をするわけではありません

車検の費用を抑えるために、軽自動車にして検査場で自力検査することも方法の一つですが、必ずしも安くつくわけではないので、注意が必要です。自分で見るものは基準に達しているかどうかであり、通った後も安心して乗れるかは別問題になります。きちんとした業者に依頼することで、検査はもちろんのこと消耗している部品などの見積りなどもしてくれるので、不安があれば交換や修理をしてもらうことができます。その時に費用を抑えるのではなく、長期的な観点から見た際に、安心して乗れることが総合的に費用を抑えることでもあるので、安さだけに捕らわれないようにしましょう。また、依頼する業者によっては車検の数か月前から予約をしておくことで、割り引かれることもあるので、確認しておきましょう。