軽自動車の車検を安くするための方法

軽自動車の車検は、新車で購入した場合は3年、継続検査の場合は2年のタイミングで満期となると決まっています。そのため満期になる前に行う必要があり、仮にそれを行わない場合は反則行為となり違反点数の罰則を受けることとなります。軽自動車の車検を行う上では、自身が行う方法以外に業者に依頼するのが多く、業者もディーラー、単独業者、フランチャイズ業者が存在します。安く受けるためにはそれぞれに見積もりを行って貰うと良く、一番見積もりが安い所に依頼すればその料金を安くすることが可能です。基本的にユーザー、フランチャイズ業者、単独業者、ディーラーの順に料金を安く行うことができます。ユーザー自身が点検などを整備工場などで行って貰い、検査の必要書類などや手続きを全部、自分で行えば節約することは可能です。

まずは必要最低限度の費用を把握することがポイント

軽自動車の車検を受ける場合には、費用の内訳は大きく分けて二つの項目に分けることができます。法定費用と点検・整備費用の二つで、法定費用は自賠責と重量税、手続きに必要な印紙代が存在する為、最低限度はかかってしまう費用です。最低限度かかる費用は法定費用で、その上で検査に通過させるための点検・整備費用がかかる形になります。よって安くするためにはこの点検・整備費用を節約することに限ります。一番、フランチャイズ業者で点検・整備を行うと1回目なら15,000~30,000円の範囲に収まるようにしてくれます。ただもっと割安にする上では業者に点検だけをしてもらい整備が不要なら、その状態でユーザー自身が検査所に持ち込んで検査を行って貰えば、点検料だけで済むため10,000円もかからずに済む場合もあります。

ユーザー自身が検査所に持って行き検査を受けるのが最も割安

平日でも時間に余裕がある方なら、軽自動車の車検を受けるためにユーザー自身が検査所に赴いて検査を受けて通すのが一番、割安です。ただ書類の手続きや検査所でも係員のいう通りに自動車を操作しなければならない手間などが存在します。また難なく検査に合格できれば良いですが不慣れな点もあったり、時間もある程度かかってしまいます。そのため業者に総てを任せて料金を支払えば乗れるようにしてくれることで、一般の方は業者に依頼することが多いです。業者に依頼する場合も見積もりをしっかりとってから依頼をすることが望ましいです。現在はネットも普及していますので、検査を受けたい自動車の登録を行えば一括で見積もりを行ってくれるサイトも充実しており、その中で一番安い業者を選択すると割安の業者を見つけることができます。