軽自動車の車検を通す際の注意点

軽自動車の車検はディーラーに任せることもありますし、街の整備工場に任せることもあります。最近新車で購入した時に点検パックに入っている場合がよくあります。特に軽自動車で各社力を入れていることから、購入時の最終交渉で点検パックを安くつけましょう、と提示されていることがあります。その場合は法定費用(重量税、車検そのものの国への手数料など)以外の点検作業は点検パックに含まれているので、整備工場に持っていったら二重払いしていることになってしまうので、ディーラーへの持ち込みとなります。普通の条件であれば、当然ながら整備工場の方が安く済みます。しかしあくまで車検に通ることを目標とした整備であり、普段走るときの整備とは必ずしも一致しない点に注意が必要です。

ディーラーにお願いする場合の注意点

点検パックに入っている、ディーラーにお任せできると信頼がおけるのであれば、ディーラーに依頼することになります。ここで注意するべきなのは、点検前にキチンと見積もりを取ってもらうことです。何を交換しようとしているのか、それは交換しないとパスしないものなのか、またドレスアップをしている場合は一時的に外しておかないと不合格になるようなものはないか、といった点を聞き出しておく必要があります。それなりに費用がかかるものですから、もしこのタイミングで交換しなくても問題ない、あと半年は何とかなりそうという場合は半年交換を延期する判断が必要です。どうしてもディーラーでは工賃・部品代ともに高めになりますので、本当にディーラーでの交換が必要なのか、吟味しておくべきです。

整備工場にお願いする場合の注意点

整備工場はディーラーよりもお安くできることが多いですが、その工場のレベル(技術、料金)がまちまちで、かつ一見さんが入りにくい雰囲気があるところがよくあります。口コミでしっかりしたところを選ぶとよいでしょう。また、激安とか歌っているところは通ればそれでいい、みたいな感じで調子が悪かろうがそこまではチェックしてくれていないものと思うべきでしょう。軽自動車は部品の耐久性はいいとは言えませんので、点検が終わってからすぐ故障してしまうことも大いにありえます。特に古い年式の軽自動車に乗っている人は普段の点検を厚めにしておかないと、車検でただでさえ費用がかかるのに通常の点検を怠っていたがための費用がかかってしまいます。そうなったら次の車への買い替えを検討するのもありだと思います。